カテゴリー

ラーメン 中央区 新店 新潟市 餃子

新店オープン!新潟女池「そこがミソ」のおすすめ白味噌ラーメンが極上うまい!?

更新日:

新店オープン!新潟女池「そこがミソ」のおすすめ白味噌ラーメンが極上うまい!?

 

こんにちは、ラーメン大好きな寅次郎です。
今日は、先日9/5にオープンしたばかりの新店「極上蔵出し味噌ラーメン そこがミソ」に行ってきました。

新潟市中央区女池、紫鳥線沿いからちょっと入ったはま寿司やココカラファインなどの店舗が集まっているショッピングセンター内「ラグーナ女池」にお店があります。

以前「きんしゃい亭・麺やたぶきん」が営業していた店舗を改装し、ブランドを変えてリニューアルオープンしたお店になります。

さて、新しいラーメンのお味はどうなんでしょうか?

それでは、いただきます!!

 

 

 

「そこがミソ」とは?

店名 極上蔵出し味噌ラーメン そこがミソ
(ごくじょうくらだしみそらーめん そこがみそ)
住所 新潟県新潟市中央区女池神明1-1601-1
営業時間 11:00 ~ 閉店時間不明
定休日 不明

 

 

 

「そこがミソ」訪問日と同伴者

訪問日  : 2019年9月6日 お昼
同伴者 : おひとり様さま

 

スポンサーリンク

 

「そこがミソ」の外観は?

「そこがミソ」のお店の外観はこんな感じです。

外観は…黒の外壁に赤色の看板が目立ちます。
紫鳥線からも目立って、あそこが店だってすぐわかりますね。

まだオープン2日目ということもあり、外にはお祝いの花輪がたくさん飾ってありました。

 

「そこがミソ」の店内は?

店内の雰囲気はこんな感じです。

 

 

・カウンター席 10
・テーブル席 3
・小上がり席 3

 

全部で34席くらいありました。

寅次郎はカウンター席の厨房が見える位置に座ることができました。

入った時は、お客さんが10人くらいいました。
13時を少し過ぎていたので並ばずに入れたのかもしれませんね。

 

 

「そこがミソ」のメニューは?

メニーはこんな感じです。

券売機で食券を買ってから席に座るというシステムになっています。

基本的な味噌ラーメン3種類+エビ(味噌・塩)ラーメンががあります。

 

味噌ラーメン3種

 ・特選スパイス味噌ラーメン

 ・特選白味噌ラーメン

 ・特選赤味噌ラーメン

 

上の3種類のラーメンをメインにしているようです。

 

それぞれにおススメのトッピングが並んでいます。
カウンター席の目の前にも券売機と同じ配列のメニューがはってありました。

初めてでは何が何だか分からなく、ドギマギしてしまいます…

サイドメニューは「自家特製手作り餃子」「ライス」などがありますね。
濃い味の味噌ラーメンだったら、「ライス」が必要になるかも知れません。

 

 

「そこがミソ」で注文したもの

寅次郎が注文したものは…「特選白味噌ラーメン」です。

辛い物があまり得意ではないので、辛味が入っていないであろう「特選白味噌ラーメン」を選びました。

 

スポンサーリンク

 

「そこがミソ」の「特製白味噌ラーメン」登場

カウンターに座ってウエイトレスのお姉さんに食券を渡し、待つこと5分位で「特製白味噌ラーメン」がお姉さんの手で持ってこられました。

こんなビジュアルです。

いかにも味噌っていう香りが鼻の穴に入ってきます。

 

 

「そこがミソ」の麺は?

麺は中太縮れ面。
ウェーブがしっかりかかっています。

なので、麺をすするのが難しい反面、スープが良く絡んできます。
1本1本の麺がしっかりとしていて、歯で噛むと…「ブツン」と切れる感じです。

腰があるというよりも、弾力があります。
歯ごたえ十分なので、咀嚼しているうちにお腹がいっぱいになるのが早いかも。

 

 

「そこがミソ」の「特製白味噌ラーメン」のスープは?

レンゲにスープをすくってみます。

濁った琥珀色。
一口すすると、甘い味噌の味が口いっぱいに広がります。

しょっぱい味噌をイメージしていたので、ちょっと意表を突かれた感じでした。

 

 

「そこがミソ」の「特製白味噌ラーメン」のトッピングは?

デフォルトトッピング

・もやし
 ・わけぎ(青ネギ)
 ・メンマ
 ・キャベツ
 ・きくらげ

 

あれぇ~…肉っぽいのが一つもない…

 

ということで、食べている途中でウェイトレスのお姉さんに「チャーシュー」1枚を追加注文しました。

お姉さんに100円を渡したら、券売機で「チャーシュー1枚」券を買ってきてくれました。
ありがとうございました。

そのチャーシューは、もちろん別盛皿で登場。
すかさずドンブリのスープにダイビングさせました。

 

チャーシューは薄味に味付け。
特製味噌の味を邪魔しません。

 

野菜類は茹でてあるだけらしく、野菜そのものの味がします。
(個人的には強火で炒めた方が好みなのですが)

 

 

「そこがミソ」のテーブル上の調味料は?

テーブル上の調味料は…「ホワイトペッパー」のみ

餃子をたのんだら、餃子のタレと一緒にでてくるのでしょうか?

味噌ラーメンには酢を入れたい寅次郎には不満が残る調味料の品揃えです。

 

 

「そこがミソ」のお会計

既に券売機で食券を買っているので食後のお会計はないのですが。

「特製白味噌ラーメン」 690円
「チャーシュー1枚」トッピング 60円

合計 750円

まぁ妥当な値段ですね。

トッピングをたくさん追加すると、1,000円オーバーになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

「そこがミソ」の口コミ、評判は?

「そこがミソ」のまとめ

 

新ブランドとして「そこがミソ」がオープンしました。
スタッフのお姉さんはまだ慣れないのか、あたふたしていたように見えました。

ユニフォームには「きんしゃい亭」と書いてあり、もろにグループ会社なんだなっていうのがわかってしまいます。
「そこがミソ」のユニフォームを早く作ってあげて下さい(余計なお世話)。

寅次郎はほとんど味噌ラーメンは食べない(半期に一度くらい)のですが、今回は新店オープンということで訪問してみました。

感想としては、寅次郎の好みはやっぱり醤油ラーメンだなっていうことが改めてわかりましたって感じです。

 

新潟に住んでいると米(ごはん)が美味しいのがあたりまえなので、県外に行った時にでたごはんが美味しく感じない…そこで改めて新潟の米のおいしさに気付く。

こんな感じでした。

 

そうそう、お姉さんからサービス券をいただきました。

餃子100円引き券です。

餃子5個 400円 → 300円 になる券です。

 

お試しで食べてみようかな?

 

ラーメン自体は決して美味しくないわけではないです。
辛い味噌ラーメンが好きな人は、「超うま~い」ってなるでしょう。

 

一点だけ気を付けて欲しいことがあります。

注意ポイント

まだ未知な部分がたくさんある!!

 

未知なる世界はご自分の舌でご確認ください。

 

ごちそうさまでした!

 

 

-ラーメン, 中央区, 新店, 新潟市, 餃子
-, , ,

Copyright© 新潟ラーメン日記!お散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.